歯医者専売と市販品の違いと特徴

>

歯医者専売の特徴・違い

歯医者専売品は歯医者でしか買えない?

歯医者で販売されているデンタルグッズは、スーパーなどで見るものは少なく歯医者でしか購入出来ない様になっています。これらのデンタルグッズを歯医者専売品と呼び、値段は市販品よりも少しだけ高額になっています。

市販品はどんな人が歯磨きをしても、汚れが取れるつくりになっていてベーシックなタイプがメインです。歯医者専売品は特化した作りになっているので、インプラントやクラウンを入れている方や歯周病をメインに治療している方などスポットに対応しています。

歯磨き粉に関しても研磨剤が配合されている、フッ素が高濃度で入っているなど市販では手に入らない製品ばかりです。歯医者専売品は自分の口腔内の状態を理解した上で使う事で、効果を発揮してくれます。

初心者にこそ歯医者専売品がおすすめ

「正直デンタルグッズの違いが分からない。」そんな初心者にこそ、歯医者専売品がおすすめです。別の項目で説明した様に、歯医者専売品はベーシックな作りでは無くスポットに特化した製品です。

初心者は自分の口腔内がどうなっているか分からないので、まず歯医者で口腔内検査をしてもらいます。その上で自分にあった歯医者専売品を購入すれば、知識が無くてもしっかりとケアが出来ます。正しいケアが出来ると虫歯予防はもちろんの事、歯周病予防にも繋がるので歯に対する意識が向上してケアが楽しくなります。

ケアを楽しいと思えると、別のケアや予防に力を入れる様になるので一石二鳥です。ケア用品の選び方が分からない場合は、まず歯医者へ相談して下さい。


この記事をシェアする